絵本と木のおもちゃ フォーゲル

メニュー表示
navi

遊びの環境つくり

せっかく買ったおもちゃで一向に遊んでくれないと言う質問をよく受けます。
その時、お聞きするのが保管状況です。

①興味を示さないので目の触れない処に置いている。
②あってもおもちゃ箱に他のおもちゃと一緒にいれているが大体のパターンです。

まず全然興味を示さない状態は、おもちゃがいつも子ども達の目に触れるところに有るかが問題でいつもきちんとして、目に触れる所に置いていつでも直ぐ遊べる様にしてあげてください。
また、ばらばらになって分からなくなっている状態は、親が遊びやすい様に元に戻してあげることです。
これが片付けだと認識できるように親がまず見本を示すことです。
子どもは、直ぐバラバラにして頭にきますが、それが大人の辛抱で親にになる勉強のひとつです。

「遊びの環境つくり」関連画像

  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • LINE
更新時間:2011-04-22 17:13

関連記事

Copyright(C) DOUSHIKAN CO.,LTD. All Rights Reserved.